Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

公正取引委員会とジャニーズの関係は?独占禁止法や下請法を扱う組織?

公正取引委員会(略称:公取委・公取)とは日本の行政機関の一つであり、内閣府の外局として内閣総理大臣の所轄の下に設置される合議制の行政委員会です。

『公正且つ自由な競争を促進し、事業者の創意を発揮させ、事業活動を盛んにし、雇傭及び国民実所得の水準を高め、以て、一般消費者の利益を確保するとともに、国民経済の民主的で健全な発達を促進すること』を任務としています。
また、自由主義経済において重要とされる『競争政策』を担っています。


ジャニーズ事務所がSMAP元メンバー出演に圧力? 公正取引委員会が注意

稲垣吾郎さん・草彅剛さん・香取慎吾さんのSMAP元メンバー3人に、ジャニーズ事務所がTV局に出演させないように圧力をかけた疑いがあるとして、公正取引委員会が注意したことが分かりました。

公正取引委員会の組織

公正取引委員会は、独禁法等の違反事件の調査や審決を行う準司法的な機能、及び規則制定権の準立法的な機能を有しています。

公正取引委員会の委員長

現在の公正取引委員会の委員長は、日本の大蔵官僚である杉本和行さんです。
財務事務次官、みずほ総合研究所理事長を経て、2013年3月に公正取引委員会の委員長に就任しました。

兵庫県姫路市出身で、ケンブリッジ大学に留学していました。
この留学時に、隣のカレッジに留学中の北尾吉孝さんと議論を戦わせました。

日本の大蔵官僚であり、元財務事務次官、早稲田大学教授の津田廣喜さんには、『心臓に毛の生えたずうずうしさ』と評されました。

公正取引委員会と下請法

下請代金支払遅延等防止法(通称:下請法)は、親事業者の下請事業者に対する優越的地位の濫用行為を規制する日本の法律です。

親事業者が下請事業者に委託業務を発注する場合、親事業者が優越的地位にあります。
そのため、親事業者の一方的な都合で下請代金が発注後に減額されたり、支払いが遅延することがあります。

そこで、下請取引の公正化を図り、下請事業者の利益を保護する目的で、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の特別法として制定されました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA