Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

芥川賞受賞の今村夏子の新刊は?おすすめは『あひる』や『星の子』?

今村夏子さんは、広島県広島市安佐南区出身の日本の小説家です。
1980年2月20日生まれの39歳です。


令和初の芥川賞は『今村夏子』さんに決定!

日本文学振興会は、7月17日に令和初となる『第161回芥川龍之介賞』を発表しました。

『芥川賞』は、『むらさきのスカート』を書いた今村夏子さんに決定しました。
今村さんは3度目の候補入りでの受賞となりました。

受賞した『むらさきのスカートの女』は、近所に住む『むらさきのスカートの女』と呼ばれる女性が気になって仕方のない『わたし』が、彼女と『ともだち』になるために、自分と同じ職場で彼女が働きだすように誘導するというストーリーになっています。

今村夏子の経歴

広島県内の高校を卒業して、大阪の大学を卒業しました。
その後は、清掃のアルバイトなどを転々とすることになります。

2009年、29歳の時に職場で『明日、休んでください』と言われた帰りに、突然小説を書こうと思いついたそうです。
その流れで書き上げたのが、『あたらしい娘』であり、その作品で2010年に太宰治賞を受賞することになります。

2011年には、同作を改題した『こちらあみ子』と新作の中篇である『ピクニック』を収めた『こちらあみ子』で第24回三島由紀夫賞を受賞します。

2014年には、広島の実家近くで広島土砂災害に遭ってしまいます。
泥水が実家の周囲に押し寄せ、祖母の墓も流されてしまったそうです。
その影響もあってか、2014年刊の『こちらあみ子』ちくま文庫版に新作である『チズさん』が併録されて以降、新作の発表はありませんでした。

半引退状態であった2016年に、新創刊された文芸誌『たべるのがおそい』で2年ぶりとなる新作『あひる』を発表しました。
その際も、第155回芥川龍之介賞候補にノミネートされました。
また、同作を収録した短篇集『あひる』で第5回河合隼雄物語賞を受賞します。

2017年にも『星の子』で第157回芥川賞候補にノミネートされ、第39回野間文芸新人賞を受賞しました。


今村夏子さんの生活

今村さんは、2013年に結婚し、大阪市内で夫と二人暮らしをしています。

庄野潤三さんの長女は同姓同名の別人です。

岡山県出身の小川洋子さんを『神様みたいな人』と敬愛し、『ずっとあんな風に書いていけたら素敵』と話しています。

今村夏子さんの著作

今村夏子さんの著作は
  • 『こちらあみ子』
  • 『あひる』
  • 『星の子』
  • 『父と私の桜通り商店街』
となっています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA